100mile madness!!

雰囲気で山を走っています。

20190406 源次郎尾根

表丹沢の源次郎尾根を登ってきました。

 

源次郎尾根は丹沢詳細地図にも載っていないマイナールートで、当然ながら看板はありません。

 

渋沢駅から大倉経由で戸沢まで走り、この時点で割と満足できる疲労感を得ていましたが、本日はここからが本番。今月のUTMFは不安しかない。

f:id:nemotrek:20190417082538j:image

本日のお供は2色のラムネ。きっとUTMFでも活躍してくれることでしょう。

f:id:nemotrek:20190417082803j:image

まずは書策新道を目指します。この書策新道も廃道となっており、看板が撤去されているので注意。

f:id:nemotrek:20190417082850j:image

そんな私はというと、案の定、書策新道の取り付きがわからず沢を直進してしまいました。しばらくして「これはおかしい」と思いGPSを見てみると、辿るべきルートから明らかに離れている。。。

結局ルート復帰するべく急傾斜を直登することにしたのですが、これがめちゃくちゃ大変でした。岩や木にしがみ付きながら必死に登り続ける。。。

正直これはリスクを負い過ぎました。私の力量だと素直に戻るのが多分正解。というか単独じゃなかったら確実に引き返していたはず。

f:id:nemotrek:20190417082916j:image

そんなことがありながらも、なんとか書策新道に復帰を果たし、しばらくすると源次郎尾根の取り付き、、、というのが全然わからず、「とりあえず登ってしまおう」と適当に尾根を登り始めました。

まぁ登りの場合はゴールは(最終的に)一つなので、適当に登っていても大体大丈夫です。逆に下りの場合はしっかりとルートファインディングしないと危ないですね。違う尾根に迷い込んでしまいますから。。。

倒木を縫うように進んでいきます。

f:id:nemotrek:20190417082942j:image

しばらく登っていると、隣の尾根が見えました。お隣は天神尾根ですね。

f:id:nemotrek:20190417083010j:image

さらに高度を稼いでいくと、不意に景色が開けて草原帯になります。向かいは三ノ塔?のどかで最高。

f:id:nemotrek:20190417083044j:image

ここまで来るとゴールはあと少しです。段々と大倉尾根の喧騒が耳に届くようになります。

f:id:nemotrek:20190417083110j:image

笹の道を抜けると大倉尾根に合流。花立山荘の先に出てきます。こんなところに繋がってたのですね。

f:id:nemotrek:20190417083133j:image

とりあえず目的を果たしたので、大倉尾根をのんびり下っても良かったのですが、せっかくなので行ったことないルートを、、、ということで政次郎尾根で下りました。

戸沢→源次郎→政次郎→戸沢のループ、いいコースですね。。。

 

戸沢からは再び渋沢駅まで走って帰ったのですが、それはもう疲労困憊です。

今月のUTMFは不安しかない!w

後脛骨筋腱炎(シンスプリント)

右足がシンスプリントになりました。2月の駅伝に向けてスピードを磨こうと、ちょっと張り切ったらこのザマです。

 

振り返れば1週間前あたりからスネに違和感があったのですが、まぁ走ろうと思えば走れる状態。その後、スピード練習で追い込んだ(といっても400×5程度)のがトドメになったでしょうか。

 

週末のAltra Time Trial Series(5000m TT)にエントリーしていましたが、大事を取って無念のDNS。まぁここで無理しても仕方ないですからね。代わりに鍼灸整骨院で足を診てもらうことにしました。

 

整骨院で診てもらった際の第一声は「身体のバランスめちゃくちゃ悪いですね。こりゃ怪我しますよ」でした。w

  • 後脛骨筋の炎症。重症度は中程度。全治10日くらい
  • アーチが落ちており、後脛骨筋が緊張状態になっている
  • お尻の筋肉が弱く、骨盤で身体を支えられていない状態。骨盤で支えられないと、着地時に身体のバランスを取ろうと膝が内側に入ってしまい負担が掛かる(ニーイン)
  • 身体が硬い

 

「患部の後脛骨筋を治療しつつ、身体のバランスも整えていきましょう」という方針が打ち出されました。炎症が治まってもまた同じことを繰り返すだけなので、そりゃそうだ。

思えばいつも怪我するのは右足だったなぁ。中足骨(打撲)、脹脛(肉離れ)、そして後脛骨筋(シンスプリント)、、、

 

やれやれって感じですが、地道に治療していこうと思います。

身体のバランスが改善されたら、物凄く足が速くなりそうなので楽しみです。(ならない)

20181208-10 台北trip Day.3

台北最終日。

f:id:nemotrek:20190109084745j:image

やはり鼎泰豊には行かねばならない。台湾が世界に誇る名店。

開店時間に合わせて本店に到着すると、既に結構並んでました。店員さんに声を掛けて受付番号と注文票を貰います。

f:id:nemotrek:20190109084040j:image

ティンタイフォンになってるじゃん…(誤植)

f:id:nemotrek:20190109084107j:image

20分ほどで入店できました。

予め注文票を渡してあるので、すぐ出てきました。うまそ〜!

f:id:nemotrek:20190109084559j:image

f:id:nemotrek:20190109084708j:image
f:id:nemotrek:20190109084712j:image

少しお値段は張りますが、ホールスタッフのレベルも高いし、このクオリティを味わわずには帰れまい!(※なお、日本でも味わえます)

ジューシーな小籠包を満喫させていただきました。

 

さて、日本へ帰るか!と松山空港へ移動しましたが、まだちょっと時間があるので、空港から歩いて1kmくらいのところにあるAll Day Roasting Companyへ。

めっちゃオシャレなカフェでした。

f:id:nemotrek:20190109091026j:image

f:id:nemotrek:20190109091537j:image

スモークサーモンのサンドウィッチ

パンがカリカリで超美味いです。
f:id:nemotrek:20190109091542j:image

カプチーノ

絵を描いてもらいました。当然のように美味しい。
f:id:nemotrek:20190109091534j:image

カフェラテ

ミルキーでこれまた美味しい。

f:id:nemotrek:20190109092525j:image

台北には世界的なバリスタが経営する有名なカフェがいくつかあり、この店もこだわりを強く感じました。雰囲気が良いので、とてもオススメです。

 

松山空港に帰ってきました。

今度は本当に帰国。

f:id:nemotrek:20190109092641j:image

 

さて、3日間の台北旅行、今年も天気は今ひとつでした。

前週はピーカンで猛暑だったらしいのですが、この落差は何なんでしょうか。。

 

台北ラソンはもう満足したので、今回で卒業ですかね。今度は台湾のトレイルレースとかにも挑戦してみたいです。

ありがとう台湾!

20181208-10 台北trip Day.2

台北ラソン当日。天候は霧雨。

スタートは朝7時です。朝活朝活。

f:id:nemotrek:20181221091831j:image

あくまで観光なのでレインウェア着て走りました。w

f:id:nemotrek:20181231135736j:image

コースは割と単調ですが、台北市街地をぐるっと一周する感じ。なお、ハーフの部で1万5000人くらい走ってたみたいなので、最後までめちゃくちゃ混んでました。

f:id:nemotrek:20181231140104j:image
f:id:nemotrek:20181231140118j:image
f:id:nemotrek:20181231140049j:image

スポーツドリンクは運動飲料と書くのですね。飲みやすくて美味しかった!
f:id:nemotrek:20181231140122j:image

台湾の陸軍?めっちゃ応援してくれました。このあたりから歩き始める人多数。サロンパス行列などをよく見かけ、とても過酷なレースであると認識せざるを得ない・・・w
f:id:nemotrek:20181231140114j:image

ラスト2kmくらいからは、自動車専用の長いトンネルを走らされる。
f:id:nemotrek:20181231140057j:image

ラストスパート!
f:id:nemotrek:20181231140101j:image

タイムはネットで2時間24分でした(笑)順位は全体の大体半分くらいでちょっと驚き。

f:id:nemotrek:20181231141002j:image

都市型のマラソンハーフマラソンくらいの距離がちょうどいいですね。遠方から参加する我々のような"旅ランナー"は、観光も楽しみたいので、時間も体力も余裕を残しておきたいですし。

 

ハーフマラソンを終えて、一旦ホテルに戻ります。まだ朝10時なので時間はたっぷりあります。

 

小腹が空いたのでちょっと寄り道。

天津蔥抓餅

f:id:nemotrek:20181231142524j:image

これは間違いないです。いつも行列が出来ていますが、納得の味。

f:id:nemotrek:20181231142610j:image

 

従来の予定では、七星山をハイクするつもりだったのですが、あいにくの天候なので諦め、とりあえず淡水観光でもするかとMRTに乗りました。

MRTの中で何気なくGoogle Mapを眺めていると軍艦岩なる地名を発見。なんだこれ?気になって仕方がない。

f:id:nemotrek:20181231144004j:image

駅から歩いて行けそうだったので、石牌駅にて急遽途中下車。

標識に従って歩いていきます。どうやらしっかりとしたハイキングコースのようですね。

f:id:nemotrek:20181231144406j:image
f:id:nemotrek:20181231144402j:image

大学の敷地内の道路を登ったところに登山口がありました。基本的に階段なので、超気軽に登れます。

f:id:nemotrek:20181231144641j:image

20分くらいで山頂。台北市街が見渡せます。お気軽な割になかなか良い里山でした。

f:id:nemotrek:20190104152139j:image

f:id:nemotrek:20190104152317j:image

地元民(?)で賑わう軍艦岩を後にして、淡水へ。夕陽は拝めず、、、というか既に日が暮れてました。とりあえず散策。

f:id:nemotrek:20190104152653j:image

f:id:nemotrek:20190104152838j:image

文化阿給

地元民に人気の店らしい。少し奥まったところにあります。口頭で注文します。阿給(油揚げの方)については辛さも聞かれるので、辛いの苦手な人は「NOT SPICY」と言っておけばきっと伝わります。

f:id:nemotrek:20190104152925j:image
f:id:nemotrek:20190104152930j:image

炭錢胡椒餅

念願の胡椒餅。メニュー指差しプリーズ注文で乗り切る。

サクサクジューシーで美味しい。

f:id:nemotrek:20190104153046j:image
f:id:nemotrek:20190104153038j:image
f:id:nemotrek:20190104153043j:image

鼎宴小舗

食後のデザート。サクサク。

f:id:nemotrek:20190106104623j:image
f:id:nemotrek:20190106104626j:image

一通り満喫した後、台北駅で怪しげな寿司を買って帰りました。

サーモンは結構イケますが、鯛の蒲焼は生臭くて美味しくなかったなぁ・・・w

f:id:nemotrek:20190106102356j:image
f:id:nemotrek:20190106102400j:image

20181208-10 台北Trip Day.1

今年も台北ラソンへ。

f:id:nemotrek:20181216114611j:image

昨年はフルマラソンでしたが、今年は日和ってハーフマラソンです。ちなみに台北ラソンはハーフの方が定員が多いので、こちらがメインストリームとなります。サクッと完走して観光しましょう。

 

土曜日の昼過ぎに松山空港に到着。空港で両替とプリペイドSIMカード購入というルーティンをこなし、MRTで台北ラソンEXPO会場(世貿三館)へ移動します。ちゃちゃっとゼッケン貰いましょう。受付は事前にメール配信されている受付番号とパスポート見せるだけです。

f:id:nemotrek:20181216120217j:image

受付を終えて、一通りブースを眺めたら宿に移動します。

今年の宿は永康街を抜けてちょっと歩いたところにあるGoodmore Hotel Shida。ホテルの写真は撮り忘れましたがw、オシャレで綺麗なところでした。駅からのアクセスはやや悪いですが、ホテルの隣には24時間営業のスーパーがあるので非常に便利。

f:id:nemotrek:20181216120938j:image
f:id:nemotrek:20181216120934j:image

f:id:nemotrek:20181216121609j:image

チェックイン後は荷物を置いて、街へ繰り出します。

まずは忠孝復興駅へ移動し、patagoniaへ。

f:id:nemotrek:20181220210847j:image

ここにはオリジナルTシャツが売っているとの噂ですが・・・ありました!TAIWAN!

f:id:nemotrek:20181220211210j:image

 

続いて、同じく忠孝復興にあるアウトドアセレクトショップ、COW RECORDSとSamplusへ。

なんか電気点いてなくない?と思ったらこの週末は休業日でした。無念!

f:id:nemotrek:20181220212100j:image

 

そろそろお腹が空いてきたのでご飯でも食べましょう。

前回は全く冒険しませんでしたが、今回は一歩踏み出してみました。

通化街夜市の路地裏にある正好鮮肉小篭湯包へ。(店の写真ナシw)

f:id:nemotrek:20181220212439j:image

よくある注文票は無くて、口頭で注文するパターン。いきなりハードル高いな、、、

日本語が全く通じる気配はありませんでしたが、左手で小籠包を指差しながら、右手で「これ、One!!」と指一本立てたら伝わりました。もはや対話を放棄しているとも言えます。。。

店内でしばらく待っていると出来たての小籠包が運ばれてきました。美味しそうなの来た!

f:id:nemotrek:20181220213231j:image

自分で小皿を準備します。肉の臭みを感じるので、生姜たっぷり乗っけて小籠包食べてみたら美味しかった。それにしてもめっちゃジューシー。

f:id:nemotrek:20181220214138j:image

食べ終わったら出口でおっちゃんにお金払ってお終いです。

 

当然これだけでは足りませんので、次の店へ。通化街夜市にある阿吉雞蛋蚵仔煎。ローカル感すごい。

f:id:nemotrek:20181220215032j:image
f:id:nemotrek:20181220215047j:image

肉焿米粉(豚肉スープビーフン)。ビーフンめっちゃ多くてお腹いっぱいになる。。。そして、やはり肉の臭みが私はちょっと苦手かも。
f:id:nemotrek:20181220215037j:image

蚵仔煎(牡蠣オムレツ)。美味しい。美味しいが、明日お腹痛くなったら絶対こいつのせい。
f:id:nemotrek:20181220215042j:image

 

そんな感じでお腹を満たして、ホテルに帰還。スーパーでビールを買い込んで、さっさと寝ました。

f:id:nemotrek:20181220220228j:image

20181125 つくばマラソン 10k

最近、ランニングに対して著しくモチベーションの低下に苛まれている最中ですが、つくばマラソンを走ってきました。

と言っても今フルマラソンなんて走っても、後悔する未来しか想像出来ないので10kmの部です。

f:id:nemotrek:20181126163031j:image

私の10kmのPRは39分50秒くらいだったと思いますが、こんな状態の中キロ4で走れる気も走る気もないので、ちょっと違ったアプローチとして「ペーサー」を務めてみることにしました。

 

私の独断と偏見により、クライアントの目標タイムを55分切りと設定し、ビルドアップ気味にレースを展開、やや苦しい局面があったものの、見事目標を上回る53分ちょっとでゴール。

f:id:nemotrek:20181126163357j:image

自分としては目標達成できて非常に満足な結果です。

完走後、つくば市のコミュニティラジオ局のインタビューを受けた際にパーソナリティの方から「なるほど。たしかに満足そうな顔をしてらっしゃいますね!」などと言われたくらいです。

f:id:nemotrek:20181126163200j:image

しかしクライアントからは、こんな駄目出しが。

  • 前を走られると歩幅が合わないので、自分のリズムで走れなかった。(快適性×)
  • 「坂の下りからラストスパートしよう」とか言ってたくせに、坂の手前から明らかにペースを上げていた。 (誠実性×)
  • 「あと1km!」と言ってたけど、その後に"あと1km"の看板が出てきた。(正確性×)
  • 『ちょっとペース落として!』と言っているのにガン無視された。 (コミュニケーション×)

 

いやー、難しいですねー(棒)

次回に向けて、これらの課題を解消できるよう対策を考えていきたいところです。

 

一方、唯一ポジティブなコメントとしてこう言われました。

  • 55分切れてビックリ。自分一人では達成出来なかった。次は50分切りたい。そして、いつかお前(=私)に勝つ!

 

※一部誇張表現があります。

f:id:nemotrek:20181126163734j:image

妄想100mile / Backyard Ultra

"Backyard Ultra"という形式のウルトラマラソンがあります。日本語にすると裏山ウルトラマラソン

 

ざっくりレース概要を説明すると、

  • コースは100/24mile(=6,706m)の周回ルート。24周すると100mileとなるが、レース自体は24周で終わるわけではない。(※後述)
  • 各周回の制限時間は1時間。制限時間内にゴールできたランナーはレースを継続することができ、次の周回に突入する。
  • 二周目のスタートは一周目をスタートしてから1時間後。一周目において制限時間に余裕を持ってゴールできた場合は二周目スタート時間まで休憩することができる。
  • 三周目以降もタイムスケジュールは同じく、前周回スタートの1時間後。これを最後の一人になるまで(!?)レースを続ける。

 

というわけで、完走者は1人だけ。そして、ライバルが走り続ける限りレースが終わらないという究極の負けず嫌い王決定戦であります!w

調べてみると、世界各地でレースが行われているようなのですが、有名どころではアメリカで"Big Dog Backyard Ultra"というレースがあります。レースディレクターはBarkley MarathonsでおなじみのGary "Laz" Cantrell氏。

今年のBig Dog Backyard UltraはJohan Steene選手が68周で完走したようです。

 

最高にクレイジーでいいですね!草レースにおひとついかがでしょうか。